ラウンドワンカップ本大会(及び選抜大会)規定並びに競技ルール

競技形式

①アマチュア選抜大会
A・Bシフトそれぞれ6ゲームを投球し、各シフト別の6ゲームトータルスコアで順位を決定。
各シフト上位20名(2シフト計40名)が本大会 予選進出。さらに各シフト21位の選手のうち6ゲームトータルスコアの高い方1名も本大会予選進出。
②本大会予選
A・Bシフトそれぞれ2日間で12ゲーム投球し、ABシフト全選手の12ゲームトータルスコアで順位を決定。 上位48名が決勝トーナメント進出。
③決勝トーナメント1回戦~準々決勝
2ゲーム先取のマッチゲームをトーナメント方式で実施。予選順位上位16名は1回戦は免除となる。
④決勝トーナメント準決勝~決勝
1ゲームのマッチゲームをトーナメント方式で実施。
⑤ラウンドワン アマチュアチャンピオンシップトーナメント
本大会アマチュア上位16名が参加。
・1回戦~2回戦…2ゲーム先取のマッチゲームをトーナメント方式で実施。
・準決勝~決勝…1ゲームのマッチゲームをトーナメント方式で実施。

事前注意事項

1. 出場選手は、背中部分に選手名(姓又は姓名)の入ったユニフォームを着用する事。(字体は問わないが、苗字が判る事)
2. ボールはNBR規定に基づき、大会中検量時に規定外ボール発覚の際は、大会参加資格の剥奪及び本大会中の記録を抹消する。
3. 競技者は競技中(練習投球開始から競技終了まで)の喫煙を禁止する。また休憩中等の喫煙は喫煙コーナーを利用すること。
4. 会場へのボール持ち込みは1人6球までとする。

受付時注意事項

1. 遅刻については、各日受付終了時間を以って遅刻とし、それ以降の参加は認めない。本大会予選以降の遅刻及びブラインドの場合、
2. 次点者より順次繰り上げる。尚プロについては(公社)日本プロボウリング協会の規定による。
3. ボール交換に際しては、検量証のあるボール交換は自由とする。
4. ボールバック等はコンコースに放置することを禁止する。

競技中注意事項

1. 投球レーンの変更は、マシントラブル以外は認めない。
2. ゲーム途中、ピンのオフセットによるリセットは1ゲームにつき3回までとし、必ず同伴競技者の承認を必要とする。
3. 選手は故意にアプローチの状態を変更してはならない。万一不備がある場合は、競技委員に申し出てその指示に従うこと。
4. マシンタッチによるピン倒れは、再配置をするが、不明確なものについては競技委員に申し出てその指示に従うこと。
5. 各ゲームのスコアをスコアカードに転記し提出する際、競技者自身がスコアをよく確認し、サインすること。
6. スムーズな大会進行を妨げるような投球間隔を置かない様、各自注意すること。(1BOX牽制)
7. 競技中フラッシュ撮影は禁止。携帯電話着信音はマナーモードに切り替えておくこと。又競技中に選手にサインを求める事は禁止する。
8. 競技中の携帯電話の操作は禁止とする。
9. 競技中選手同士のハンドタッチは禁止とする。
10. 選抜大会及び本大会において得点が同一で順位の決定が必要な場合、次の通り裁定し、順位を決める。

[選抜大会/本大会予選] ①ハイシリーズとローシリーズの差が少ない方を上位とする。
②ハイゲームとローゲームの差が少ない方を上位とする
[決勝トーナメント] 各ゲーム同点の場合はワンショット勝負で勝敗を決定。

11. その他は、通常行われている競技方法によるが、トラブル等が発生した場合は、NBR規定を併用し、競技委員長が最終競技裁定を行う。

その他注意事項

1. 競技後のボール発送は、専用ブースにて受付。その他の受付などでは一切取り扱わない。
2. その他事項に関しては、会場案内、アナウンスにて確認すること。