ROUND1 JAPANCUP BOWLING 2012 ボウリング世界一決定戦が遂に決着!優勝はミカ・コイブニエミ!!
12年12月2日ラウンドワンスタジアム ダイバーシティ東京プラザ店でRound1 JAPANCUP BOWLING 2012の決勝トーナメントを開催。緊張感溢れるマッチゲームの末、PBAのミカ・コイブニエミが自身2度目となるジャパンカップ王者に輝きました。

1988年の酒井武雄以来の日本人チャンピオン誕生の期待がかかった梶義宏ですが初タイトルのプレッシャーからか、本来の力を発揮出来ず、惜しくも準優勝となりました。

トップ8の選手達の写真

トーナメント表
アマチュアボウラー ベスト5

<左から1位佐藤昌徳選手、2位 秋元優志選手、3位 登川一真選手、4位 小浦昌己選手、5位 服部裕生選手>


アマチュア選抜大会で2ゲーム連続でパーフェクトを達成した秋元選手をはじめ、アマチュア選手の活躍も目立った今大会。その激しいベストアマ争いを制したのは、佐藤昌徳選手!!
準決勝3回戦で大会優勝者ミカ・コイブニエミに完敗したものの、この世界一決定戦であるジャパンカップでベスト16という成績を残したのは驚異的です!!

 

 

多くの感動を生んだジャパンカップ2012…

新たなる感動は
ROUND1 JAPANCUP BOWLING 2013で生まれる!!

↓2013年度の予選会の詳細はこちら!↓

JAPANCUP2013サイトへ

記者会見・レセプションにずらりと並ぶ豪華プロ陣
ベストアマ3人・サインタイムの長蛇の列・川添プロあいさつ・パーカーボーン、ミカ、佐藤の投球
ミカ・コイブニエミとベストアマ佐藤選手ツーショット・準決勝でパーフェクト達成のマイク・フェーガン・プレイヤーオブザイヤー ショーン・ラッシュ